木のマグカップ 試行錯誤

いつの間にかすっかり秋ですな~


稲刈りも終わり、久しぶりに木取りしました。







ことしの夏、アイスコーヒーで大活躍。


春の京都で一目ぼれして、購入した木のマグカップです。


このマグ、スベスベな手触りで木の感触がなんとも言えないエエ感じ。

いったいどうやって作ってはるんやろか・・・





そんなKIJIYA-SHODAさんと、京都でいろいろお話させて頂いてる間に、

教えていただいたクライマーのカップ、おいらも

クライマーのハンドルを真似て彫ってみたくなりました。




材は桑、欅、栃を使いました。

欅はちょっと腐りかけ、桑はヒビ割れてましたが、

試行錯誤しながら、なんとか彫れました。






いつもの手彫りなので、のろのろペース。

ハンドル部分に取り掛かれるまで、なかなか(汗)

ハンドルは手間がかかるけど、彫りはじめると止められない。

クライマーに見えるやろか、とちょっと彫るたびに試行錯誤の連続です。(笑)





桑の木。プレポリマー仕上げ。






下から、桑、欅、欅、栃。






欅、拭き漆仕上げ。





欅。拭き漆仕上げ。

凸凹だからか、目止めが甘いのか、漆は塗りムラだらけ。

難しいけど漆の艶を見るとなんかコーフンします(爆)


もがいて試行錯誤している間に、半年で6個のマグが出来ました。




KIJIYA-SHODAさんのカップには程遠い出来やけど、夏の間じゅう楽しめました。






次は何をホリホリしよかな。



KIJIYA-SHODAさん、どうもありがとうございました。











2 コメント:

  1. たかっさん2016/10/27 7:24:00

    アッパレ~!

    返信削除
    返信
    1. >たかっさん、

      あはは、おおきにです。チビチビ彫ってますよ~。
      まだまだわからん事ばっかりですけど^^;

      削除